« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

風邪流行っているんですか?

扁桃腺が腫れて何日か寝てました。

体調の悪い時ってなぜでしょう?

自分の視界やいろんなモノに対する許容範囲などがやたら狭くなったような感覚を受けます。

喉をやられているので自分ではよく声が出ていないように感じたり。。。

人に聞くと、いつも通りだと言われます。

ということは…耳がやられているのか?!

と思ったら勘違いでした。

一年くらい前に、高熱が出て病院に行った時のこと。

熱があると耳が聞こえづらくなるとお医者さんに伝えたところ

聴力検査をさせられました。

えー、非常に素晴らしい聴力だと褒められました。

フェイストゥフェイス演技教室 指導員 笠井

| | コメント (0) | トラックバック (1)

闘う演技教室第0回

室長をしております羽賀です。

いやあ、長谷川、笠井の書いたブログ内容に比べると純粋に教室紹介ばかり、ずいぶんと営業色が強いですよね。ちょいと野暮?すみません。

でも、お金大事ですからね。

前人未到のことをしている自負がありますから。「演技教室」ですよ、誰も聞いたことないでしょう?そんな「教室」。そしてむろん甘くはありません。そう、唯一無二の存在ということは参照する前例がないことばかり。「教室」としていっちょ前になるまで、まだまだ気を抜けないのです。気合いの入った経営をしっかりしないと。……お金は大事だよ~、ってなもんです。

職員一丸、必至の教室経営は、今通ってくれている生徒さん、未来に通ってくれる生徒さんたちの演技力に全て還元されるものと信じてます。

で、羽賀の記事は、引き続きこのままゴリゴリの方向でいきますね。

これから、全9回で「闘う演技教室」を掲載していきます!

羽賀はどのような考えで演技教室を開校するにいたったかについて、全9回に分け書いていきたいと思います。

≪全9回の各回タイトル≫
第1回 「演技」を一番大切にしている訳、書きます
第2回 大学院で羽賀は何をしていた?
第3回 学習塾で羽賀は何をしていた?
第4回 夢を語る~それは演技教室の“開校”じゃあない~
第5回 小劇場を面白くしたくて頑張っていること
第6回 10年後の演劇はきっとこんな風に変わっていく
第7回 演劇を中心に据えた生活
第8回 この10年の自己の演劇作品の変遷を振り返る
第9回 演劇教室を経営しようよ

こうした記事を書く意図はどこにあるか少しだけ書いておきたいと思います。それは、梅田望夫氏の「ロールモデルの提示がもっともっとネット上に溢れるといい」というコラムに触発されたからです。

私の事例(演技教室開校)は、いまだ成功するのかどうかも分らないもの。ですから、いまだ成功を迎えていない者が成功へ向かって驀進していく中での発言として読んでいただき、あるとすればですが、少しでも実のある何がしかを受け取っていただくことができれば、と考えています。

長くなってしまいますが、最後にもうひとつ。羽賀の今の夢をごく短く…羽賀にも夢はあるのです。第6回のタイトルにもありますように、それは演技教室の開校ではありません。

「35歳で東急文化村シアターコクーンで自主公演を行う、そしてその舞台に立つ」

これが、今の私の夢です。それを成し遂げるために夢をひとつひとつ具体的なステップに“因数分解”して実行しようとしています。
少しでも「面白いね」と思われた方がいましたら、ぜひ教室に遊びに来てください。待っています!

フェイス トゥ フェイス演技教室
羽賀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の身体の仕組み、どのくらい知ってる?

今、教室の授業とは別に「演劇企画ダルディアモーラ」という集団に参加しています。
只今来月の公演に向けて精鋭稽古中なのです。
そこに殺陣(アクション)団体に所属している子たちが何人かいて
稽古の始まりに彼らの主導の下準備体操が行われます。
体の硬いわたしは非常につらい時間です(笑)
とはいえ、毎回目から鱗なストレッチ方法が出てくるので楽しみでもあります。
気功を取り入れた呼吸法など。
きちんとすると体がポカポカになります。
知っているようで知らない自分の体の仕組みを知る。
教わったところですぐにできるわけではありませんが
“気にする”と“気にしない”ではものすごく違いますね~!
あ、これは女の子の云うところのダイエットの基本でもありますが。
それだけでも私のありえないくらい硬い体が日に日にやわらかくなっていっていますよ。

フェイス トゥ フェイス演技教室 指導員
笠井 美鈴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘がささった。

梅雨入りみたいですね。
昨日はびしょびしょでした。おまけに薄着だったんでものすごい寒かったです。
うってかわって今日は“暑い!”
昨日の失敗があったので上着も持ってきたのに、
むしろ今着てるものすら脱ぎたいくらいです。

薄着の日は寒くて、上着があると暑い
・・・空気がまるで読めてません。

さてさて、久しぶりの投稿でこんな季節の話が書きたかったわけではなくてですね。
昨日、雨の中での話なんですが傘が刺さったんですよ。
しかも私の首に。

いやぁ、痛かった。ほんとに。
もちろん刺さったっていっても、ぶつかった、が正確なところです。
あ、びっくりとかしてた?
首に刺さったら血が出て死んじゃうよ!とか心配してくれ・・・てはいないのね。

道を歩いていてしばしば思うのですが、
みんなもっと前見て歩こう。
俯きながら歩いたりしないで!

歩いているときに向こうから人がやってきます。
よくある光景ですよね。
じゃあ少しずれて避けよう。
よくある事態ですね。
このとき、どっちにどれくらい避けるのか。
これはしばしば問題になるポイントです。
これをミスすると、相手の目前でお見合いになったり、
お互いに左右にフェイントをかけあったり、なんてことになります。
しばしばなってるでしょ?
これはようするに相手の出方をうかがうっていうか、先を読んで動く必要にせまられるのですよ。
じゃあ相手を読むにはどうするの?
それは(少なくとも私は)眼を見るんです。
眼は口ほどに物を云う
昔の人はいいことをいいました。
目を見てると、なんとなく
「あ、この人は避ける気がないな」
とか
「荷物を気にして右にずれそう」
なんてことがオボロゲに感じられるんですよね。
それに、相手と目が合うと
「避けましょうね」
ってことがお互いに了解しあえたりして、スムーズな通行ができるものです。

目を見たいんですよ。
君がどっちにずれるか知りたいんですよ。
だから俯いたりしないでくださいよ。
それクールでもカッコ良くもないんですよ、君が思ってるほどには。
下見てると、こちらとか周りの様子がわかんないでしょ?
傘が私にささるでしょ?
危ないので、しっかり前をみてください
どうかお願いします。

次回は「目は口ほどに物を云う」を演技に絡めて・・・の予定。

追伸。明日も晴れますように。

久しぶりの長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロゴ! ゴーゴー!

教室の顔「ロゴマーク」をご紹介します!

Logo4

このロゴ、外に看板としても出ています。

このロゴの癒し力(ぢから)はスゴイ!

仕事を忘れロゴを職員一同、眺めているなんてこともしばしば。

っと、それは言い過ぎでした……

カワイイロゴを眺めに教室まで来ませんか?

お待ちしてます~

フェイス トゥ フェイス演技教室

羽賀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のきになるお店

さてさて金曜日の夜ってことで翌日を気にせずにみなさん呑みに行ったりしてるんでしょうね。
私はというと今週中にどうしても完成させたい資料などがありまして、
「あー、今夜は泊りかなー」
なんて具合であります。
まぁ下戸なんで全然気にしてません。
ちょうど教室が駅からものすごい近いっていうこともあって、近所には呑み屋さんやら食事のできるお店なんかがたくさん。
下戸なうえに食も細いんですが、呑み屋さんの料理はおいしいから好きです。
「今日は夕飯食べてくかー」
なんてときもファミレスよりは呑み屋さんがいいなぁ。
下戸だけどね。

最近、っていっても数週間前、
うちがオープンして間もなくのことですが、近所にお寿司屋さんができました。
ふーん。

そのお寿司屋さんですが、廻ったり値段が書いてなかったりっていうお店ではなくて
「立ち食い」らしいですよ。
や、らしいっていうか立ち食いのお寿司屋さんです。

もんのすごく興味があるんですが、いかんせんまだ混んでます。
まだ、試しに一度は入ってみよう、っていう人が多いんだと思います。
んで、もう少しすると客足も落ち着いて「味」勝負ってなことになるんだと思います。
思いますっていうか、普通に考えてそうですよね。
ので、もう少し落ち着いてから行こうと思います。
だって行ってみたいじゃない!
座らずに立ちっぱなしでお寿司だなんて、きになるじゃない!


…まぁ今日はあまり実りのないことを書いてしまいましたが、皆さんもぜひ!

明日は仕事が終わってから演劇の公演を見てきます。
明後日は仕事をお休みして演劇の公演を見てきます。
そんな週末。

長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »