« 藤山ゼミ4月11日議事録 | トップページ | 8月発表会生徒募集中! 野田地図(NODA MAP)「ローリング・ストーン」 »

藤山ゼミ4月18日議事録

「火事場」「修羅場」「鉄火場」

といったアドレナリン放出必死の極限状況があるとして、

その様なシチュエーションで演技をすることを考える。

充分に自分が演技しきれるかどうか。

貧しい身体、脆弱な精神しか演者が持ち合わせていないとする。

……それで、演者はその「場」にふさわしいヒーローやヒロインを演技し得るのか?

現実で(=稽古場で)準備しなければいけないことはなにか?

「台本読解能力」と「表現力」が演劇の2本の柱。

上手く演技できてないと思うなら、それは「台本の読み込みがズレてる」のか、「演技の表現力不足で観客に届いていない」かのどちらか。

未熟な演技は、作品世界のスケールを小さくする。

豊かな(老獪な)演技は、作品世界のスケールを大きくする。

別の角度からの問いかけ……。

あるいは、四肢、五感の一部が自分から失われてしまうとする。

「その自分」が、観客を説得するには、どんな演技が要求される?

ハンデを超えるような演じ方を、リアルにイメージできるのか。

例えば、ハンデによる同情が存在するとして。

それを覆してなお感服させるだけに足る、更なる努力をイメージできるのか?

演技者は舞台の上で倫理とは無縁でないと。いや倫理すら織り込み済みの、冷徹な批評の視線を持っていていい。

想像する(イメトレする)ことは無意識を言語化することであり、

言語化することが、技術向上の一歩目である。

それをしないことには何も始まらない!!

(当日の話題の一部を掲載しています)

|

« 藤山ゼミ4月11日議事録 | トップページ | 8月発表会生徒募集中! 野田地図(NODA MAP)「ローリング・ストーン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401267/29208093

この記事へのトラックバック一覧です: 藤山ゼミ4月18日議事録:

« 藤山ゼミ4月11日議事録 | トップページ | 8月発表会生徒募集中! 野田地図(NODA MAP)「ローリング・ストーン」 »