« 2008年8月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

8月発表会生徒募集中! 野田地図(NODA MAP)「ローリング・ストーン」

2009年8月 第4回発表会公演
演技教室の主催する公演です。
野田地図(NODA MAP)の
「ローリング・ストーン」を皆で力を合わせて上演します。
場所は築地「ブディストホール」

演技がはじめての方や、事務所などに所属されている方でも
通室生は全員出演できます!
ベテラン指導員が、責任もってサポートします。

レッスンは 1ヶ月 (6コマ)
¥12,000

☆教室指導員は小劇団「ラブドクロアート」を主宰しており、
 身体的な表現や、大きな世界観の物語を演出することに
 長けております。

☆一緒に充実した演劇活動をしませんか?
 熱意あふれる教室でお待ちしています!

お申込み・お問合せは・・・
フェイス トゥ フェイス演技教室
までお気軽にお申込みください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤山ゼミ4月18日議事録

「火事場」「修羅場」「鉄火場」

といったアドレナリン放出必死の極限状況があるとして、

その様なシチュエーションで演技をすることを考える。

充分に自分が演技しきれるかどうか。

貧しい身体、脆弱な精神しか演者が持ち合わせていないとする。

……それで、演者はその「場」にふさわしいヒーローやヒロインを演技し得るのか?

現実で(=稽古場で)準備しなければいけないことはなにか?

「台本読解能力」と「表現力」が演劇の2本の柱。

上手く演技できてないと思うなら、それは「台本の読み込みがズレてる」のか、「演技の表現力不足で観客に届いていない」かのどちらか。

未熟な演技は、作品世界のスケールを小さくする。

豊かな(老獪な)演技は、作品世界のスケールを大きくする。

別の角度からの問いかけ……。

あるいは、四肢、五感の一部が自分から失われてしまうとする。

「その自分」が、観客を説得するには、どんな演技が要求される?

ハンデを超えるような演じ方を、リアルにイメージできるのか。

例えば、ハンデによる同情が存在するとして。

それを覆してなお感服させるだけに足る、更なる努力をイメージできるのか?

演技者は舞台の上で倫理とは無縁でないと。いや倫理すら織り込み済みの、冷徹な批評の視線を持っていていい。

想像する(イメトレする)ことは無意識を言語化することであり、

言語化することが、技術向上の一歩目である。

それをしないことには何も始まらない!!

(当日の話題の一部を掲載しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤山ゼミ4月11日議事録

押井守の言葉を参照しつつ、演劇をこのように規定することができる。

「演劇」への接し方は、つまるところ三種類に分類される。

1、演劇に出ること。

2、演劇を見ること。

3、見た演劇について語ること。

それらは一見、互いにごく近いもののように思われるが、実のところまるで違う芝居への接し方である。

語ることの重要性。

共演者や演出家とは、「言葉」を介してしか演劇について語り合えない。

フィクションの世界の中では、演技によってリアルタイムに他者とコミュニケーションをとることはできない。=それは文字通り「演技」にすぎない。

(当日の話題の一部を掲載しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤山ゼミ開講のお知らせ

藤山悟志ゼミ 開講のお知らせ

藤山悟志(羽賀・長谷川)を先生役として、ひたすら芝居の話をする講座です。

日時:毎週第1~第3土曜日 17:3019:00

料金:無料

途中退出:不可

受講資格:とくになし

☆ゼミナール形式なので、発言を求められることがしばしばあります。

☆ブログに毎回の講座の議事録を、後日載せる予定です。そちらもご覧ください。

☆詳細は職員まで。

★現代演劇の歴史や技術論について、教えを請いたい人向け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不倫コメディー 無事終了!

09年2月、寒い日々が続きましたが・・・
それを吹き飛ばすような熱い発表会公演
無事に終了いたしました!
さっそく、劇場でおさめた写真の数々をお届けいたします

Cimg1990_4 Cimg2004_4 Cimg2018_3





出演されたみなさん、おつかれさまでした!

Cimg2068_4Cimg2058_2    





ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!

Cimg2123_4Cimg2117_3Cimg2138_2

 

 

 

 

Cimg2129_4 Cimg2133_3




フェイストゥフェイス演技教室
長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年5月 »