日記・コラム・つぶやき

演技する会話

先日、
「ちょっと涼しくなってきたかなぁ、けど台風のせいで風が強かったり雨が降ったりしてるからそう感じるだけなのかなぁ」
なんて思いながらちょっとは涼しい日々が始まることを期待していましたが、
残念ながらまた暑い日々が続いてしまってもう10月も目前なのにあらためて夏バテに警戒しながら食事を摂る毎日です。
こんにちは。

最近よく、演技に慣れた人が多いなぁ、と感じます。
けれどご本人に聞くと、
「演技なんてしたことはないし、やりかたとかもまるでわからない」
と云われます。
しかし、統計を取ったりしたわけではありませんが確実に演技・演劇に携わったことのない方の演技の力は一昔前よりも上がってるのではないか、と思っています。

なんでだろう・・・

言葉や会話の仕方、が変わってきてるのではないか、と思っています。
よく現代の日本人の国語力が下がっている、とか論理的に話せない、長い文章を読んだり書いたりできない、などといわれますが代わりに会話そのものを再現する力が上がってきているのでは、ないでしょうか。

普段の生活の中でのコミュニケーションのとき、
文章を話すのではなくある意味再現ドラマを演じる
というスタイルに変化してきてるのではないか。
つまり、自分(の過去にあったできごと)を演じているのではないでしょうか。
とくに若い方ほどこの傾向はより顕著になってゆくような気もします……
こんなすごいことがあった、それを聞いてくれる友人達に「それはすごい!」と思ってもらえるようにドラマティックに話す。
それはすでに小さな一人芝居を上演しているようなものでしょう。
そんな日々を送っている彼ら彼女らです、演技慣れしていても不思議はありません。
友達とのオシャベリも大好きなはずです。
交代で演技し、それを見てるわけですから。

演じることは決して、ごく一部の人間のみが行う特別なことなんかじゃありません。
自分には縁はない、そう思っていた貴方。
演技、はじめてみませんか?

もちろん、レッスンを楽しむのに年齢は関係ないですよ!

フェイス トゥ フェイス演技教室
長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

面白いニュースはありません。
え、ないの!?
むしろ、そんな報告ならいらない!

ところで。

・・・「今日は」って書かれたときに
こんにちは
きょうは
どっちに見えますか?

さてさて、上記は宿題にしますね。
今回は淡白に 長谷川

| | コメント (1) | トラックバック (0)

熱中

こう暑い日が毎日続くと、そのことを話題に出すことすら飽き飽きです。
けど、にもかかわらず「最近暑い日が続きますが・・・」といった形で文を始めざるを得ない。
とまぁ、それほどまでに魘される日々が続いているわけです。

暑かろうが寒かろうが、日々何かしらのニュースが起きていて
「世の中、暑くてもなんやかやと忙しいもんだなぁ」
なんて感慨にふける熱帯夜。

最近のニュースで気になったのは携帯電話を投げるコンテストの話。

どこでみつけたんだっけか・・・
欧州で行われてるようで、内容は「携帯電話を投げる」以上。
いくつかの会場(国)で行われ、国際大会まであるみたいですよ!
今までの最高記録はどうやら94.97m・・・!
思いを風に乗せ、なんて詩人みたいなことはよくききますが携帯も風に乗ったんでしょうか。
思いを(携帯を通じて)電波に乗せる時代はもう昔のことなんでしょうか。

ちなみに私はもちろん携帯電話を投げたりしたことはありません。

このコンテストの公式ページ(の英語版)はこちら
http://www.savonlinnafestivals.com/en_index.htm
興味のある人、携帯電話に恨みのある人は来年あたりチャレンジしてみては?

暑さ寒さに弱い 長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星に願いを

Tanabata005Tanabata001Tanabata003

七夕でしたねー。
何年ぶりだろう、7月7日を意識したのって。
教室の近所の公園にそれこそ満開の!といっても差支えないくらいの七夕飾りと短冊をぶら下げた竹枝が・・・
珍しく写真まで撮ってしまいました。
写メですけどね。
短冊にしたためることこそしませんでしたが、
星に願いを
ばっちり祈っておきました。
あ、もちろん中身は内緒ですよ。
けど、想像つきますよね?
みなさんは七夕いかがでしたか?

追伸:写真を載せました。写っているのは室長の羽賀先生ですよ。

夢ばかり見てる長谷川

| | コメント (1) | トラックバック (0)

傘がささった。

梅雨入りみたいですね。
昨日はびしょびしょでした。おまけに薄着だったんでものすごい寒かったです。
うってかわって今日は“暑い!”
昨日の失敗があったので上着も持ってきたのに、
むしろ今着てるものすら脱ぎたいくらいです。

薄着の日は寒くて、上着があると暑い
・・・空気がまるで読めてません。

さてさて、久しぶりの投稿でこんな季節の話が書きたかったわけではなくてですね。
昨日、雨の中での話なんですが傘が刺さったんですよ。
しかも私の首に。

いやぁ、痛かった。ほんとに。
もちろん刺さったっていっても、ぶつかった、が正確なところです。
あ、びっくりとかしてた?
首に刺さったら血が出て死んじゃうよ!とか心配してくれ・・・てはいないのね。

道を歩いていてしばしば思うのですが、
みんなもっと前見て歩こう。
俯きながら歩いたりしないで!

歩いているときに向こうから人がやってきます。
よくある光景ですよね。
じゃあ少しずれて避けよう。
よくある事態ですね。
このとき、どっちにどれくらい避けるのか。
これはしばしば問題になるポイントです。
これをミスすると、相手の目前でお見合いになったり、
お互いに左右にフェイントをかけあったり、なんてことになります。
しばしばなってるでしょ?
これはようするに相手の出方をうかがうっていうか、先を読んで動く必要にせまられるのですよ。
じゃあ相手を読むにはどうするの?
それは(少なくとも私は)眼を見るんです。
眼は口ほどに物を云う
昔の人はいいことをいいました。
目を見てると、なんとなく
「あ、この人は避ける気がないな」
とか
「荷物を気にして右にずれそう」
なんてことがオボロゲに感じられるんですよね。
それに、相手と目が合うと
「避けましょうね」
ってことがお互いに了解しあえたりして、スムーズな通行ができるものです。

目を見たいんですよ。
君がどっちにずれるか知りたいんですよ。
だから俯いたりしないでくださいよ。
それクールでもカッコ良くもないんですよ、君が思ってるほどには。
下見てると、こちらとか周りの様子がわかんないでしょ?
傘が私にささるでしょ?
危ないので、しっかり前をみてください
どうかお願いします。

次回は「目は口ほどに物を云う」を演技に絡めて・・・の予定。

追伸。明日も晴れますように。

久しぶりの長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のきになるお店

さてさて金曜日の夜ってことで翌日を気にせずにみなさん呑みに行ったりしてるんでしょうね。
私はというと今週中にどうしても完成させたい資料などがありまして、
「あー、今夜は泊りかなー」
なんて具合であります。
まぁ下戸なんで全然気にしてません。
ちょうど教室が駅からものすごい近いっていうこともあって、近所には呑み屋さんやら食事のできるお店なんかがたくさん。
下戸なうえに食も細いんですが、呑み屋さんの料理はおいしいから好きです。
「今日は夕飯食べてくかー」
なんてときもファミレスよりは呑み屋さんがいいなぁ。
下戸だけどね。

最近、っていっても数週間前、
うちがオープンして間もなくのことですが、近所にお寿司屋さんができました。
ふーん。

そのお寿司屋さんですが、廻ったり値段が書いてなかったりっていうお店ではなくて
「立ち食い」らしいですよ。
や、らしいっていうか立ち食いのお寿司屋さんです。

もんのすごく興味があるんですが、いかんせんまだ混んでます。
まだ、試しに一度は入ってみよう、っていう人が多いんだと思います。
んで、もう少しすると客足も落ち着いて「味」勝負ってなことになるんだと思います。
思いますっていうか、普通に考えてそうですよね。
ので、もう少し落ち着いてから行こうと思います。
だって行ってみたいじゃない!
座らずに立ちっぱなしでお寿司だなんて、きになるじゃない!


…まぁ今日はあまり実りのないことを書いてしまいましたが、皆さんもぜひ!

明日は仕事が終わってから演劇の公演を見てきます。
明後日は仕事をお休みして演劇の公演を見てきます。
そんな週末。

長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記

今日はこの時間まで一人で留守を預かっていました。

室長は室長で外を飛び回っていて、まぁみんな忙しいのです。
一人でも多くの人にウチの教室を知ってもらって、演技や演劇に関心を持ってもらいたいのです。
授業以外の時間もやることはたくさんあるのです。

そういえば夕方来ていただいたHP作成会社の営業の方が云っていたんだけど、
演技教室っていっても実際には何をやってるの?どんな風にやってるの?
っていうのが一番伝えるべきなんだそうですよ。
や、いわれてみると当り前でしごくまっとうなご意見なんですよね。
なのでこれからはもっと現場の空気の伝わるようなことを書いていこうと思う今日この頃です。

さてさて、今日は「悲しいから泣くのか、泣くから悲しいのか」
っていういつもどこかで議論されてるアレについての個人的な考えを書こうと思っていたのですが、
今から書くと長くなるのでヤメます。
また今度ね。

(・・・けど今度はもっと現場の空気の伝わるようなウンヌンカンヌンの記事を書こうと思ってるのでさらに先の話になるかもしれません。)

フェイス トゥ フェイス演技教室 長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (1)

通勤中の過ごし方

マンウォッチングが好きです。

人ごみ嫌いの私は普段極力電車に乗らない生活を送っていましたが、ここフェイストゥフェイス演技教室のある高田馬場に通うため、西武新宿線に揺られている今日この頃です。

演技に活かすために日々観察です。電車の中は面白いです。いろんな人がいますからねぇ。しまいには壮大な人間ドラマも展開されます。そーっと、隣の仕事帰りの人たちや学生さんたちの話を聞いていると、気になって勝手に推理してみたり想像してみたり・・・。

よほど疲れてないと電車の中で寝られない性質ですが、本とか雑誌がなくても飽きることはありません。観察力と想像力の訓練訓練っと♪楽しみながら、訓練。なんて素敵な練習法でしょう。何事も楽しみながら学ぶのが一番ですよね~。

指導員その1でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

演技とはいうけれど・・

演技ってなんでしょう?
多くの人が「舞台でシェークスピアとかをやったり、劇団四季とかのことでしょ?」なんて思っているのではないでしょうか。

実は、それは違うんです。

いま皆さんが思っているのは、きっと”演劇”のことなんです。
演技演劇。これ、よく似てるんですけどちょっと違うんです。

まず、演劇の方からお話しますね。
演劇っていうのは、何人かの人達が集まって何かのストーリーを作っていくもののことを言います。
わかりやすい例でいうと、映画やTVドラマなんかをイメージすると近いかもしれません。
ちなみに、映画やTVドラマと演劇の違いは、う~ん。
エレキギターを持ってバンドに入るのと、ヴァイオリンを持って楽団に入るのとの違いみたいなものです。
さて、演劇でも映画でもTVドラマでも、登場人物がいます。
この登場人物は、いろんな役者さんが演じています。ここはおわかりですよね。
あれ?”演じる”?
そう思った方は勘がいい方です、ゴールに近づいてきましたよ。

ではここで、演技についてお話しましょう。
役者さんは、登場人物になりきってお話を進めていきます。
この、”登場人物になりきる”ということが演技する、ということなんです。
演技というのは、登場人物になりきる=演じる、ための技術のことをさすんですね。

さっきの楽器の例と比べてまとめてみましょう。
ギターを持ってライブやコンサートをすることが、演劇にあたります。
ギターを演奏する、ここが演技にあたります。
だから、演劇というのは、演技の集合体ともいえますね。
この違い、おわかりになりましたか?

フェイス トゥ フェイス演技教室 長谷川

| | コメント (0) | トラックバック (0)